「下町ボブスレーの開発精神を学ぶ」-103号

2017y11m22d_172957854

平成29年11月21日

神奈川県信用保証協会主催の「下町技術の集結による世界への挑戦

~下町ボブスレープロジェクトを語る~」を(長谷川・松本・飯塚)3名で

受講して参りました。講師は株式会社マテリアル代表取締役 細貝 淳一様

「氷上のF1」と呼ばれるボブスレーの開発には高い技術力が必要とされ、

海外ではフェラリー、BMW、NASAなどがソリ開発を支援しているそうです。

ボブスレーの開発経験はゼロ。それでも挑んだオリンピック。

そこには中小企業が「世界」へ挑戦しなければいけない理由があったのです。

バブル全盛のころは9000社以上あった大田区のものづくり企業も、3500社を

下回るまで減少しました。高い技術を持ちつつも、迫りくる海外の低コスト商品

の影が・・・。このままでは、10年後に仕事はあるのだろうか・・・。

そんな中、大田区の町工場が「志」一つで世界の頂点を目指して立ち上がった。

弊社の新商品開発プロジェクトや新規事業への挑戦の「志」や「魂」を学んで

来ました。

———————————————————————————AtoZtoA—-
~☆ 「技術をデザインする 」 マルチエンジニアリングのAZA ☆~