社長ブログ

「孤軍奮闘は幸せの “もと”・・・」(389号)

2017y12m21d_081723303

取引銀行から、JR東海リニアの計画するリニア新幹線のルートと重なるため、工場

を閉鎖する会社が再雇用に向けた人材の斡旋を行っているので、採用受け入れを勧め

められました。工場を移転して心機一転というパワーが無かったのでしょうか・・・。

私が幼い時から、ささやかれていた夢のリニア新幹線ですが

そのことによって、利便性を得る利用者、建設や製作に携わり大きな利益を得る企業、

リニアの竣工に世の中は、良い面にしか目が行きませんが、その陰には大きな影響や

打撃を被る企業もあることを知りました。

(現在建設工事を巡る談合疑惑で話題にもなっていますが・・・)

多忙を極めている昨今、読書の時間が中々取れず、読みたい本を購入しては、机に

山積みに・・・・その中で「やる気があふれて、止まらない。」(究極のモチベーショ

ンをあやつる36の習慣)という書籍があります。1つの章にこのようなことが書か

れています・・・『選択したものを正解にしていくのが人生』選択した人生が不正解

のまま終らせてしまうなんて、悔しいではないか。いかなる選択肢も正解にしてみせ

るという「やる気」が更なる「やる気」を呼び起こす。

「あのことがあってこそ、今の幸せがある」という、人生大逆転の解釈が

“やる気のもと”なのである・・・不幸な選択と引き換えに、必ずもう一つの

運命が手に入る。理不尽な体験や結果に対して、嘆き悲しむのではなく、

「自らが選択したもの」だとして受け入れ、それが正解となるまで孤軍奮闘し乗り

越えていく。その瞬間は「不正解」だったと悔やむような失敗をおかしたとしても

いずれはそれらすべて「正解」にしていく解釈の積み重ねこそが、これからの5年後

10年後と継続していく「やる気」を生み出すのだ。受容と革新を繰り返した分だけ

あなたは成長し「やる気」がみなぎってくるのである・・・・』ジョン・キムの言葉

であります。人生良いことより、嫌なこと、失敗の方がはるかに多く、人生は悩みの

連続です。ご紹介したジョン・キムの言葉通りだとすれば、嫌な出来事や

失敗を孤軍奮闘で乗り越えて行けば必ず、成長しやる気がみなぎり、結果的には

「あのことがあってこそ、今の幸せがある」と言える時が、必ず来るのです!

焦らず、腐らず、投げ出さず、目の前のことを全力でやり抜きましょう!

悩み苦しみの渦中の方、明年も共々に「孤軍奮闘」致しましょう!

———————————————————————————AtoZtoA—-
~☆ 「技術をデザインする 」 マルチエンジニアリングのAZA ☆~